個性派財布

上質な皮革で作られた長財布、二つ折り財布は、言わば正統派の高級財布です。そのような正統派の高級財布をこのサイトでも多数紹介しています。

しかし、最近は、従来の概念を覆す、新しいタイプの個性的な財布が登場しています。従来の正統派財布とは異なっているため敬遠する方もいらっしゃるかと思いますが、よく見てみると「目から鱗が落ちる」ようなアイデアが込められているものもあります。

正統派の財布には無い、きらりと光る特徴を持った財布をここでは「個性派財布」として集めてみました。

薄い財布 アブラサス abrAsus メンズ

薄い財布 アブラサス abrAsus メンズ

ズボンの後ろのポケットに財布を入れている方は多数いらっしゃいます。手ぶらで行動できるので、確かに便利です。しかし、二つ折り財布でも、紙幣、コイン、クレジットカードなどをある程度入れていると、財布もそれなりの厚さになり、後ろから見ると案外ポケットが膨らんでいて目立ちます。スーツなどではポケット部分が痛み易くなります。

「もっと薄い財布が欲しいなあ・・・」と思う方は案外多いようです。

そんな方々に紹介したいのがこの「アブラサス abrAsus 薄い財布」です。その薄さは一目で分かりますが、その他にもいろいろな工夫があります。詳細は公式ページでご確認下さい。

詳細は公式ページで確認!

小さい財布 アブラサス abrAsus メンズ

小さい財布 アブラサス abrAsus メンズ

正統派の財布が大きくて邪魔に感じる男性は少なくありません。できるだけ財布もコンパクトにまとめ、ポケットに入れてフットワーク良く動きたいという気持ちもよく分かります。最近は電子マネーやSuicaなどのICカード、クレジットカードも多く、昔からあるような小さな小銭入れでは困ることがあります。

「もっと便利な小型の財布が欲しいなあ・・・」と思う方は案外多いようです。

そんな方々に紹介したいのがこの「アブラサス abrAsus 小さい財布」です。手のひらに収まるようなコンパクトさです。その他にもいろいろな工夫があります。詳細は公式ページでご確認下さい。

詳細は公式ページで確認!

カルトラーレ ハンモックウォレット

小さい財布 アブラサス abrAsus メンズ

「究極の使い易さ」を求めて辿り着いたコンパクトな財布。圧倒的なコインの取り出し易さは、独自のハンモック構造によるものです。

従来の概念を覆す全く新しい構造。「こんな構造の財布があるのか!」と驚く衝撃です。

その他にもいくつもの工夫が盛り込まれています。詳しくは公式ページでご確認下さい。

詳細は公式ページで確認!

ノイインテレッセ ハニーセル長財布 ファイバーキュアウォレット ツイルドカーボン

ノイインテレッセ ハニーセル長財布 ファイバーキュアウォレット ツイルドカーボン

イタリア・キオリーノ社製のステアリングやシフトノブに採用されている最先端のハイブリッドレザーを使用した個性的な財布。

光の当たる角度で光沢が変わり、存在感をアピールします。耐摩耗性、耐光性、耐熱性、グリップ性に優れています。

クレジットカードなどのカード類が出し入れし易い「ハニーセル」構造は意匠登録しており、独自のデザインです。

詳細は公式ページで確認!

最強の開運財布 白蛇財布

最強の開運財布 白蛇財布

最強の開運財布と呼ばれる白蛇財布。金運・勝負運・無病息災に。

開運祈願の蛇の抜け殻付。素材は牛革です。

*縁起ものですので、効果を保証するものではありません。

詳細は公式ページで確認!

金運財布 金の財布

金運財布 金の財布

開運財布の定番、金の財布。「類は友を呼ぶ」との考えから金運に。

開運祈願の蛇の抜け殻付。素材は牛革です。

*縁起ものですので、効果を保証するものではありません。

詳細は公式ページで確認!

使いやすい財布 開運財布

使いやすい財布 開運財布

風水力最強の使いやすい財布。外装は黒の牛革、内装はゴールドの配色です。

究極の使いやすさを追及して生まれた「レジさっと」。他のタイプもあります。

*縁起ものですので、効果を保証するものではありません。

詳細は公式ページで確認!

自分でデザインする財布

自分でデザインする財布

究極の個性は財布は、「自分でデザインする世界に一つだけのオリジナル財布」でしょう。

「自分でデザインするなんて難しそう・・・」なんて心配する必要はありません。JOGGOならば、基本デザインの各部分の色を13色のレザーから選んで決めていくだけで、簡単にオリジナルの財布がデザインできてしまいます。

財布に名前を入れることもできますので、本当に世界に一つだけのものが作れます。

詳細は公式ページで確認!

このサイトでも詳しく紹介しています!

サブコンテンツ

このページの先頭へ